事業の概要

「つなぐ化」事業の詳細

 「つなぐ化」事業(厚生労働省職業安定局委託事業)とは、建設業界と高等学校(工業科)等の生徒・教師等がつながる機会を提供することにより、生徒側の建設業に対する理解を深め、若年者の入職を促進することを目的とした事業です。

 具体的な取り組みは、下記1~5のとおりです。実施にあたっては、それぞれの取り組みを単独もしくは組み合わせて1つのコースとして実施するものとし、各コースにおける高等学校等の数と建設企業・団体の数の組み合わせについては、その都度、各参加者と調整することとします。

 また、生徒の就職活動が円滑に進むためには、保護者が建設業界および地域の建設企業の実情や就労環境等を理解していることも重要な要素の1つであることから、コース内容に応じて保護者の参加も積極的に働きかけていきます。

 さらに、各地域における建設企業・団体や行政機関等が例年実施している取り組みとの連携も可能です。

 なお、事業の実施にあたって、参加企業・団体は参加生徒に対し、具体的な応募勧奨を行ってはならないこととします。

5つのコース

  • 1出前授業
  • 出前授業
  •  地域の建設企業・団体が学校を訪問し、生徒や教師に対して建設業の現状や魅力を紹介する取り組みです。例えば、地元の工業科高校を卒業した若手先輩社員が、自身の仕事内容や、そのおもしろさ、あるいは苦労話などを伝える。あるいは、建設企業の社長が、仕事に対する熱い思いを語る。そういった座学に加えて、溶接や鉄筋の結束など、ものづくりの実習も行うことにより、生徒や教師に、建設業の仕事をより具体的にイメージしてもらい、魅力を知ってもらう機会を作ります。
  • 2現場見学会
  • 現場見学会
  •  生徒や教師に、地域の建設企業が請け負っている工事の現場を見学してもらい、生徒や教師が建設業で働く人たちの実際の就労環境などを把握できるようにする取り組みです。働く人をじかに見て、生の建設工事現場を肌で感じる貴重な体験を通して、「働く」とはどういうことかを生徒に考えてもらいながら、ものづくりの楽しさや、地図に残る仕事のおもしろさを伝え、建設業の仕事を身近に感じてもらう機会を作ります。
  • 3意見交換会
  • 意見交換会
  •  生徒・教師と地域の建設企業・団体が一堂に会し、建設業の仕事やその魅力、実際の就労環境などについて意見交換を行う取り組みです。膝を突き合わせる座談会のような形式で、生徒・教師が企業の社員や団体職員に、何でも聞いて話し合える場を提供します。女子生徒と女性社員限定の座談会などもおもしろいかもしれません。
  • 4インターンシップ
  • インターンシップ
  •  職業選択や自身の適性を見極めることを目的に、生徒が建設企業に赴き、一定期間、職場体験をする取り組みです。就業へのイメージ作りや職業意識の向上を図ります。
  • 5その他
  •  1~4以外で、若年者の建設業に対する理解や入職促進を図るために効果的と考えられる取り組みを随時実施していきます。

事業の対象者

「つなぐ化」事業の対象者は下記のとおりです。

  • 建設企業・団体
  • 主として地域に根ざした建設企業およびその団体等を対象としますが、それ以外の広域的・全国的建設企業およびその団体も対象とします。
  • 学校関係者
  • 主として高等学校(工業科)の1、2年生および当該生徒を担当する教師を対象とします。それ以外にも、3年生の生徒、保護者、高等学校(普通科)・高等専門学校の生徒や教師、教育委員会等自治体関係者も対象とします。

※ 学校関係者の方の費用負担は原則ありません。建設企業・団体の方はこちらをご確認ください。

「つなぐ化」事業 お申し込み

若年者と建設業界の間で、人や情報をつなぐ取り組み。実施をご希望の方はこちらからお申し込みください。

※ お申し込み多数の場合は先着順とします。